口腔ケアで口臭が無くならない場合は、鼻が原因かもしれません。

毎食後に歯磨きをしたり舌磨きで舌をきれいにしたりしても、口臭が取れないという場合があります。また胃腸の調子も悪くなく生活習慣病にもかかっていないのにどうしても口臭が取れないといった場合もあります。そんな場合には鼻の病気が原因かもしれません。口腔内にも内臓にも異常がない場合は、いくら口腔ケアを入念に行ったり生活習慣を改善したりしても口臭は改善されません。もし鼻に少しでも異常を感じる場合には、耳鼻咽喉科で鼻の治療をしてもらう必要があります。副鼻腔に炎症が引き起こされて副鼻腔炎が発症している場合や、鼻の粘膜が炎症を起こして慢性鼻炎になっている場合には鼻から咽喉に鼻水が落ちていきます。咽喉に落ちた鼻水は時間が経過すると細菌の繁殖が加速されて臭いを発して口腔内にも広がっていき、その結果口臭として表れるのです。そうなるといくら咽喉のうがいをしても、次から次へと鼻水が咽喉に入ってきますので臭いはとれません。普段からいくらお口のエチケットを心掛けていても、思わぬ伏兵が邪魔をしているというわけです。口臭で人に不快感を与えないためにも、鼻に病気を患っている人は完治させることが一番のエチケットになるのです。私が口臭を治した方法と言うサイトで治した人もいるみたいですので!

私の口臭予防について

今はあまり気にしていないのですが、昔はよく自分の口が臭いのではないかと気にしていました。しかし、実際に人に聞くこともできずに、自分で臭おうとしてもよくわかりませんでした。原因はいろいろあるみたいなんですが、虫歯菌などが繁殖して臭っているのではないのかと私は歯磨きを毎朝、晩にしっかりと5分程度するようにしていました。さらに、私は歯並びが悪くその隙間は磨きにくくそこから口臭がすることが多いと歯医者で聞いたときにはいたくなかったため強制する必要がないと言われていたにも関わらずすぐに強制することを決めました。
今でこそ口臭を気にしなくなったんですが、あの時は気にし過ぎていたと思います。ですが、やはり気になるという人もいると思います。そのような人はやはり予防を一生懸命するだけでなく、家族や友達などで自分の口臭が臭いかどうかを聞いてまじめに聞いてくれる人を見つけることが一番簡単で確実に予防できると私は思います。

風邪や鼻炎、食習慣が招く口臭

風邪や鼻炎も口臭の原因になることがあります。ただの風邪だと思っていたら、炎症を起こした喉の奥に、におい玉とも呼ばれる膿栓がついて臭いの原因になることがあります。中高年の女性の多く見られる舌扁桃炎や慢性扁桃炎などがその代表例です。風邪や鼻炎が治まったのに臭いがするという時は注意が必要です。胃から臭いが上がってきて口臭になることはほぼありません。ですが、寝る直前に食べ物を口にすることで稀に胃酸が逆流して臭いを発することがあります。これを胃食道逆流症と言います。消化の悪い揚げ物などを食べてすぐ横になると、この症状が起こりやすくなります。不規則な食習慣は体にも負担がかかるので気を付けなければいけません。また、ニンニクやニラ、葱などにおいの強い物を食べると、腸で吸収されたにおいが血液に乗って肺に運ばれ口臭になることがあります。ただニンニクであれば食事中や食後に牛乳を飲むというように、その食べ物のにおいを中和させる対処をしたり食べる量を控えたりすることで口臭をある程度、緩和することができます。
http://okwave.jp/qa/q6939518.html

http://diamond.jp/articles/-/40182

口臭の原因を知って正しい対策をとる

誰かと話をしている時に、自分の口臭が気になって仕方がないという人は多いです。
また朝起きた時に、自分の口臭が気になるという人も多く、正しい対策を取る事が大切です。
それにはまず口臭の原因について、正しく理解することが重要です。
まず口のニオイには、1人1人の体臭があるように誰にでもあるものです。
それが何らかの原因で、他人に不快なニオイを与える場合が口臭となります。
まず多くの原因として考えられるのが、口の中の病気などによるものです。
歯周病などは口の中の細菌が活発になり、独特な臭みのあるニオイの元になります。
また他にも、身体に起きている他の病気などが原因となる事もあります。
これらは病院での検査を受け、治療を開始する事が一番の解決法です。
そしてにんにくやネギなどのニオイの強い飲食物によるものや、タバコや酒などの嗜好品によるものもありますが、時間の経過とともにニオイは薄れる場合が多いです。
その他はストレスからくるもので、唾液の量の少なさからニオイを感じやすくなります。
自分自身のニオイに、敏感になりすぎてしまう心理的なものも最近は増えていて、多く分けてこのような原因が考えられます。
自分の口臭の原因は何なのかを、突き止めてから正しい対策を取る事が重要です。

口臭を引き起こす原因

人には話しづらい悩みとして、口臭があります。口臭の原因の約6割は、舌の汚れ「舌苔」にあるといわれています。舌苔というのは、食事をした際の食べかすや口内ではがれ落ちた細胞が舌の上に堆積したものです。舌の上に白くなって溜まっているのが特徴です。
なぜ舌苔はできるのかというと、舌の表面には舌乳頭と呼ばれる細かいヒダがあります。食事の際の食べかすや、上皮という細胞がはがれたものがヒダに引っかかりやすくなり、さらに唾液の量が少ないとさらにとどまりやすい状態になるからです。
ですから、口臭予防の一番手っ取り早い方法は、臭いのもとになる舌苔の舌みがきを習慣づけることです。やり方は、専用ブラシやタブレットを使って、舌を磨いてください。最近では、100円ショップで販売されています。
注意点としては、磨きすぎはよくないです。舌は、軽く白いくらいが正常の状態です。朝、食事後、寝る前と、適度に磨くことが大事といえます。

口臭についての基礎知識

口臭とはその名の通り口から発せられる臭いのことですが、大きく分けて病気に起因するものと生理的なものとの2種類があります。
病的口臭とは何らかの健康問題によって臭いが発せられるものです。代表的なものは虫歯や歯周病など、口の中の病気によって引き起こされる場合です。その他、胃潰瘍などの内臓疾患が原因で臭いが発生することもあります。
一方生理的口臭は、健康状態に関係なく口内環境が原因で発生するものです。主として食べかすの堆積などによって口の中に雑菌が溜まることで引き起こされますが、寝起きや精神的な緊張下にある場合など、雑菌を洗い流す唾液の分泌が減少しているときには特に強く発生しがちです。また、ネギやニンニクなどの臭いが強い食品や喫煙などの外的要因が関係することもあります。
口臭を防ぐには、まずそれが病的なものである場合は、根本原因である病気の治療が必要となります。一方生理的口臭については、歯磨きによって口内を常に清潔に保つことが重要です。その際、歯だけではなく舌の上もきれいにするように心がけます。また、ガムを噛むなどして唾液の分泌を促すことも一時的な対策として効果があります。

合法ハーブでワキガが進行してしまう

合法ハーブに依存してしまう事でワキガが酷くなってしまうのはご存じでしょうか?

ワキガは自殺者が出るくらい深刻な体質なのですが、それが合法ハーブで加速してしまうと言う事です。

ワキガの人を差別する訳ではないのですが、やはりワキガほどかなしいものはないのではないかと思います。

セックスする時も相手に迷惑をかけてしまいますし、日常生活の中でも非常に不利な事が多くなるのでしょう。

合法ハーブでワキガが進行してしまう原因ですが、合法ハーブに含まれている成分がワキガの元であるアポクリン腺を刺激してしまう事にある様です。

しかも一度活発になってしまったアポクリン腺はもう元に戻る事はありません。

それからはワキガが治る事も無く、日々悪化して行ってしまうのです。

どうでしょう?

合法ハーブに依存してしまう事でこの様な人生を歩んでしまう事になってしまうのは不本意なのではないでしょうか。

出来るだけワキガとは無縁な人生を送りたいものです。

それならば合法ハーブには手を出さない方が良いと言えるでしょう。

道行く人から「臭い!」と言われる人生と言うのは想像以上に辛いものである事は間違いないでしょうね…

ワキガを直す方法と言うものもありますが、それだけではどうにもならないかも知れないのです。・

加齢臭も気をつけておいた方が良いかも知れないですね!これは本当に怖いものですから…